理系の高度人材を輩出する青木塾

 青木塾は夫婦二人だけで営んでいる小さな個人塾で、塾長が学生時代に設立して以来、40年以上に渡って地域の子ども達の教育に

携わって参りました。当初は、小中学生だけを対象としておりましたが、「高校入学後も青木塾で学びたい」という強い要望に応え、開塾後、まもなく高校生も対象とするようになり、今では、むしろ大学受験生向けの進学塾として広く知られるようになっています。

 「高度な内容を分かり易く」をモットーとして、これまで東大や京大など旧帝大系の国立大学や有名私大など難関大学を中心に多くの優秀な人材を社会に送り出してきましたが、近年は医学部を志望する高校生が多く、医学部だけに限っても、過去11年で17名もの合格者を輩出しており、この数字は地方の小さな個人塾としては飛び抜けたものであると自負しています。

 

 現在、技術は加速度的に進歩し、優秀な理系人材に対する需要は益々高まりつつありますが、一人でも多くの優秀な理系人材を世の中に供給するために、今後も全身全霊を打ち込んで、教育に邁進して行きたいと思っております。