先日は三重高6年制に所属する青木塾生が、中間テストで3学年全てにおいて学年トップを獲得しましたが、今回は、期末テストにおいて松高生が全学年学年トップを獲得しました。大手塾に比べると比較にならぬくらい小規模な青木塾で、これほどの成果が出るということがどういうことなのか。青木塾の指導の優秀さは明白です。

​理数科1年のK君、期末テストの数学総合でトップ

 久保中入学当初から青木塾で数学を学ぶK君、久保中時代に数学で頭角を現し始め、前回の中間テストでは、塾ではまだ「データ」のところをやっていなかったために苦戦しましたが、今回の期末テストでは十分な理解を達成していたため、数学総合で文句なしの学年トップになりました。

​理数科2年(文系)のNさん、期末テスト数学でダントツのトップ

 松高に入学と同時に青木塾に入塾したNさん、入塾して2年目になりますが、苦手な高校生が多い今回のテスト範囲のベクトルで、他を圧倒する学力を示し、ダントツの学年トップになりました。ベクトルは、しっかり理解すればテストにおけて得点源とも成り得る美味しい単元なのですが、どうも一般の学校や塾での指導では本質的な理解に至っていないようです。こういう単元こそ、青木塾の真価が生きますね。

​理数科3年(理系)のS君、期末テストの数学②でトップ、数学①で2番

 久保中入学と同時に青木塾に入塾したS君、今年で入塾して6年目になりますが、益々学力に磨きが掛かり、難関の理系数学でトップと2番を取りました。難しいとされる高校数学でも、理系数学の数Ⅲは格段の難しさですが、その入試演習のテストにおいて、S君は圧倒的な学力を築いています。学年が進めば進むほど、難易度が上がれば上がるほど、青木塾の指導が生きてきます。