検索
  • 青木敏朗

第2回ベネ・駿台記述模試、文理共に学年2番

最終更新: 2019年12月15日

 先に第2回ベネッセ・駿台記述模試において、当塾に通う三重高生のT君が理系の学年トップになったことをお知らせしましたが、実は松高生についても、久保中出身の当塾の2人の生徒が理系と文系の双方において学年2番の好成績を獲得しました。


 まず、1人目は普通科に所属する松高3年のAさんです。彼女は久保中2年生の時に青木塾に入塾しました。下の資料は、彼女がちょうど中学3年生の時の進路指導で使った12月の校内実力テストの成績ですが、数学の成績は点数が72点、学年順位216人中20番で、決して数学が得意とは言い難い状況でした。

中3の校内実力テストの結果(12月)

 しかし、彼女本来の真面目な性格が功を奏し、今回、高3最後のベネッセ・駿台記述模試において200点満点中138点を取り、文系で学年2番という過去最高の成績を獲得しました。素晴らしい成果だと思います。

第2回ベネッセ・駿台記述模試の結果

 2人目は理数科に所属する松高3年のS君です。彼は久保中入学と同時に青木塾に入塾しましたが、中学1年の頃からかなり上位の成績ではあったものの、マイペースな性格で、中3の進路指導時の数学の成績も83点に留まり、学年順位も8番に過ぎませんでした。

中3の校内実力テストの結果(12月)

 その後、松高に入学しましたが、相変わらずマイペースな姿勢ではあったものの、高3の1学期定期テストでは理系数学で学年トップを取るなど徐々に頭角を現し、今回の第2回ベネッセ・駿台記述模試の数学で模試では過去最高の学年2番の好成績を獲得しました。なお、点数は200点満点中161点、全国偏差値は70.5、校内偏差値は74.6に達しています。


第2回ベネッセ・駿台記述模試の結果

 中学時代からずっと一緒に勉強してきた彼らですが、あっという間に高校時代も過ぎ、あと数ヶ月で本番の大学入試を迎えることになります。彼ら2人に限りませんが、高3の塾生たちについては、是非、最善を尽くして受験に臨んで欲しいと心から願っています。頑張れ、青木塾生!

47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

数学の勉強から学べること

時代の変遷と共に、数学教育の中身も少しずつ変化しているということをご存じでしょうか。ここ数年の変化では、AI技術の研究開発の必要に迫られて、以前に比べ「整数論」(単元名としては、「整数の性質」がそれにあたります。)のカリキュラムにおける比重がとても大きくなったことが挙げられます。 また、昔に比べて「論理」(単元名としては、「集合と命題」のところにあたります。)を学ぶタイミングがとても早くなったこと

行動規範の変容

行動規範の変容 Don't be evil. → Do the right thing. → Do anything profitable. 1998年、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって創業されたグーグルについては、創業時からずっと応援し続けてきました。その理由は、創業時のCorporate Code of Conduct、つまり「社是」(直訳だと、「企業の行動規範」となるんでしょうが)が

命の意味

月に1, 2回程、チューリッヒに住む妹とFacetimeを使って話をしています。彼女は20代で欧州に渡り、既に向こうでの生活が40年ほどになります。夫とは10年程前に離婚し、子供もいないため、もっぱら話題はどうしても年老いた両親の話になりがちです。 両親は共に昭和2年の生まれで、今年で2人とも満93歳になりました。現在、父は認知症が進行し、家族の判別も出来なくなったため、今年の10月から認知症患者